距離感と住まいの居心地

Request quote

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
By clicking 'Send' I confirm I have read the Privacy Policy & agree that my foregoing information will be processed to answer my request.
Note: You can revoke your consent by emailing privacy@homify.com with effect for the future.

距離感と住まいの居心地

A.Imamura A.Imamura
Eclectic style living room by 株式会社 建築工房零 Eclectic
Loading admin actions …

距離感と間取りは、居心地の良い家族関係に直接関係する大切なポイントです。世代ごとのライフスタイルを尊重する二世帯住宅、程よい繋がりのあるコートハウス、家族の近さを大切にする北欧住宅まで、間取りが生む暮らし感覚は様々です。今回は、距離感と住まいの関係をご紹介していきます。

距離感と近隣

距離感と近隣プライバシーの確保は、都市部や住宅密集地での住宅環境では欠かせない考慮ポイントです。中でもコートハウスは、そんな立地環境におススメの住宅間取り。建物や塀で囲まれた中庭を中心とする住まいは、外からは見えない屋外としてプライベートな空間を確保します。プライバシーをしっかり保ちながらも庭の魅力を存分に堪能出来るのが人気の理由です。

こちらでは「憧れの中庭のある家、コートハウスでの暮らし」を紹介しています。

距離感と家族の近さ

距離感と家族団欒の時間は比例すると言えるでしょう。家族一緒の時間を大切にする北欧住宅では、大きなリビング・ダイニング・キッチンを住まいの中心に配置し、極力廊下や間仕切りをつくらないシンプルで開放的な間取りが好まれます。こちらは、株式会社建築工房零が手がける住まい。畳リビング空間とキッチンが繋がった開放的な空間には、さらに吹き抜けとスケルトン階段が配置され縦方向にも空間を繋げます。家族がどこにいか気配でわかる間取りの近さが、家族団欒の楽しい時間をサポートしてくれます。

回遊性と程よい関係

回遊性のある間取りは、家族の気配を感じながら効率の良い生活動線を可能にしてくれます。回遊動線は、中庭を通るショートカットと二方向の移動が可能になるので、家族同士がすれ違いざまにぶつかったり、掃除の際の邪魔になるなどといったことを防ぎます。毎日の家事労働の疲労やストレスが軽減される効率の良さと、家族の気配を近くに感じられる優しい間取りです。

クレジット: 撮影:新澤一平

効率と動線

生活機能をまかなうキッチンの配置は、距離感と効率の良い動線を左右します。こちらの住まいは、キッチンを家の中心に配置し、中庭を眺めながら調理できる他、リビング、ダイニング、サニタリー、寝室、2階へと   アクセスしやすくすることで、生活動線を考慮した空間構成がデザインされています。キッチンを中心にした間取りは、家族の良好なコミュニケーションを食卓と共に育んでくれます。

二人で使える洗面所

二人で使う洗面台の配置は便利です。朝の身支度でバタバタする洗面台や浴室は、家族の人数やライフスタイルを考慮して大きく間取りを取ったり、洗面台を二つ取り付けても良いでしょう。また、カウンターと鏡を大きくとるだけで一緒に使用できる人数が増えます。家族が毎日、便利に一緒に使えるデザインが嬉しいですね。

異なるライフスタイルを尊重する

こちらは、異なるライフスタイルを持つ親世代と子世代の二世帯住宅。アプローチを抜けるとそれぞれの玄関がある共通土間は、奥庭に抜ける通路としても機能します。土間を挟んで親世帯、子世帯が分かれているので、世代ごとの好みを尊重した住居空間デザインを可能です。こちらのような二世帯住宅完全分離型は、玄関から水回りまですべて別にすることで、お互いのプライバシーとライフスタイルを守りながら、隣同士の距離感覚でお互いをサポートし合える気軽さがメリットです。

Modern houses by Casas inHAUS Modern

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!