Request quote

Invalid number. Please check the country code, prefix and phone number
By clicking 'Send' I confirm I have read the Privacy Policy & agree that my foregoing information will be processed to answer my request.
Note: You can revoke your consent by emailing privacy@homify.com with effect for the future.

屋根を有効活用する6つのアイデア

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
 Garden by 株式会社TERRAデザイン
Loading admin actions …

屋根には、雨や風、そして日差しといった外的環境から室内を守るということが一番の役割であり、多くの場合それを基本とします。しかし、そうした役割を持たせながらも、他の使い方でも活かしていくことは可能です。そこで今回は、屋根を有効活用するアイデアを紹介していきたいと思います。その形やデザインにこだわり、おしゃれな外観としながら、それぞれの活用方法が実現できるような住まいとしてみて下さい。

屋根にテラスを設置

屋根の有効活用方法として最初に挙げたいのが、屋上テラスの設置です。屋根の上を歩行することができる陸屋根を取り入れることで、屋上を設けることができ、そこで家族や友人を集めてパーティーを楽しんだり、セカンドリビングあるいはガーデニングといった趣味のスペースなど様々なアクティビティに幅広く使っていくことができます。さらに、屋上の床にウッドデッキを敷けば、裸足で過ごしたくなるような心地の良い空間とすることができるでしょう。

屋上緑化・菜園

環境に優しい住まいづくりが一般的になってきていることから、屋上の活用方法もそうしたことに寄与するものが増えてきています。その1つが屋上緑化です。特に、建物が密集する地域に家が建つ場合、地上に庭をつくることができても、十分な日光が降り注がないことも少なくありません。その反面、屋根の上に庭を設けることができれば、周囲の建物に日光を遮られることもほとんどなくなりますし、地上に庭を設けるよりも広いスペースを緑化や菜園に費やすことも可能となるでしょう。

写真:TERRA DESIGN.co.,ltd

住まいの中で最も景色を楽しめる場所

単純に屋根から外の風景を楽しむことができるだけでも、住まいでの暮らしをぐっと豊かにしてくれるはずです。先程のように、陸屋根に屋上テラスを設けることでも眺望を楽しむことができますが、それ以外の勾配屋根でも小屋裏を上手に活用しながら開口を設けることで、1階や2階からは味わえない格別の景色を楽しめる住まいの中でも特別の場所とすることができるでしょう。

屋根緑化による断熱性能の向上

 Houses by Guz Architects
Guz Architects

MEERA SKY GARDEN HOUSE

Guz Architects

屋根を緑化することによって、屋根面の断熱性能を向上させることも1つのアイデアです。屋根を芝生などで緑化する場合、屋根にまず土を盛ることになるので、その土の層が室内と屋外の熱の出入りを遮断する断熱層となってくれるのです。また、夏の強い日差しが屋根材に直接あたることも防げるため、屋根の温度が急激に上昇するようなこともなくなります。特に、小屋裏を居室として活用するような場合には効果を実感できるはずです。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の屋根を紹介しています。◀

屋根の写真ページ

太陽光発電の設置

 Houses by 千田建築設計
千田建築設計

柏の平屋 ねじれ屋根のせ

千田建築設計

太陽光発電を導入する際に、屋根に太陽光パネルを設置するといった活用方法もあります。太陽光パネルを設置する時には、発電効率が大切になりますので、屋根の勾配や方角をしっかりと考慮しながら、屋根の形や配置などを考えていきましょう。また、屋根の形・種類によって、屋根の上に設置できる太陽光パネルの枚数も変わってきますので、家の間取りなどと合わせて考えながら、それぞれにとって最も適した屋根のデザインを見つけていきましょう。

写真:Yuki Chida

【太陽光発電については、こちらの記事でも紹介しています】

自宅に太陽光発電を取り入れるべき?



多様なかたちで活用できる小屋裏

  by (株)バウハウス
(株)バウハウス

快適な小屋裏スペース

(株)バウハウス

ここまで主に屋根の屋外側の活用方法について見てきましたが、いわゆる屋根裏空間となる屋根の室内側、小屋裏をいかに活用していくかも考えてみるといいと思います。一般的に小屋裏は収納スペースとして利用されることが多いですが、条件をクリアすればその他にも子ども部屋や趣味の部屋といった居室としても活用できますし、下の階とつなげて小屋組みを露わにした大きな空間にもすることができるなど、屋根の内側の空間も非常に多様なかたちで活用できますので、それぞれの住まいに合った使い方を考えてみるといいでしょう。

写真:日々の暮らしを楽しむ快適な室内環境の住まい

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

 Houses by Casas inHAUS

Need help with your home project?
Get in touch!

Discover home inspiration!